エスプレッソコーヒー

いくつかのコーヒー豆をブレンドして淹れたコーヒーのことをブレンドコーヒーと呼びます。いくつかのコーヒー豆をミックスすることで、各々の豆のもつコクやテイストなどがバランスよく混ざっていて非常に味わいの深い味が味わえます。3種類以上のコーヒー豆をブレンドするのが大部分らしいです。
わが国におけるアメリカンコーヒーのはじまりは、米国から帰ってきたある人が米国のようにわが国のコーヒーも何杯でも飲めるように提案したことから作られたようです。それから米国でよく味わわれていたコーヒーをまねて作ってアメリカンコーヒーが生まれました。

その発祥は1700年代の欧州であると知られているエスプレッソですが、ナポレオンが命令した大陸封鎖令のせいでコーヒービーンの海外ビジネスが制限されてコーヒービーンが不足するようになり、コーヒーの原料が少なくても淹れられるようにとエスプレッソが発明されたようです。
世界最高級のコーヒー豆として人気のあるモカは、コーヒービーンのブランドでは一番古く、その中でもモカマタリと呼ばれるコーヒー豆は風味、香り、酸味といった面で非常にすばらしいです。モカコーヒーは甘みがあって飲みやすいコーヒーということでよく知られています。
通常のコーヒーはお湯で抽出しますけれども、ダッチコーヒーは特別な道具を使って冷たい水でゆっくりと抽出したコーヒーのことです。したがって水出しコーヒーともいわれ、冷蔵庫の中に入れてアイスコーヒーのようにして飲むこともできます。

フランスでよく愛されているカフェオレですが、持ち手のないお皿のようなカフェオレボウルといわれるボウルに入れて飲むことが多く、寒い時期になるとカフェボウルに触れてあたたかくしたり、朝食時にはバゲットやクロワッサンをカフェオレに浸して食べる場合もあります。子どもでも飲めます。
日本でもファンの多いカプチーノではありますが、その言葉の語源は、イタリア語でカトリック教会のカプチン修道院の修道士のことだそうです。カトリック信者が着ているフード付きの修道服のカラーが濃い茶色とホワイトでデザインされていたことによりカプチーノと呼ばれるようになったと考えられています。
ウィンナーコーヒーというと何となくウォンナーソーセージが入っているコーヒーをイメージしてしまう人もいます。でも、ウィンナーコーヒーというのはコーヒーの中に生クリームを乗せたコーヒーを指したもので、外国では「カフェ・ヴィエンヌ」を指し、同じ系列のドリンクとしてカフェ・ヴィエノワと呼ばれるコーヒーも見られます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*