コーヒーと乳製品

わが国においても相当の割合で飲まれている飲料ということのできるコーヒーですけれども、風味よく飲むことの出来る温かさは約60度から70度ぐらいであるようです。コーヒーを注ぐカップを温めておいてから抽出したてのコーヒーを注ぐと温度が熱いままもつのでじっくりと味わうことができます。
赤道の上と下を横切っている、北の回帰線と南の回帰線の狭間でしか育たないとされているコーヒーの豆です。そのゾーンに入っていないような沖縄でも現在は技術の進歩により栽培されておりますが、やはり主だった土地は熱帯地方など暑い立地になります。アフリカ、南米地方や東南アジア、中南米など非常に暑い地域のコーヒー豆が有名です。

アフリカ地方が原産のコーヒーですが、近年では南米やハワイなど熱帯地域で栽培が盛んに行なわれています。そう言った産地によりコーヒー豆はジャンルが分けられており、ほとんどワインのように地域別でその特徴が認識されています。そのような特長の違いなどを、全世界のコーヒー好きが飲み分けているのです。
サウナに入ると飲みなくなるドリンクというとアイスコーヒーが思い浮かびます。さて、アイスコーヒーを大阪弁ではレーコーといわれます。それはアイスコーヒーは冷えているので「冷コーヒー」、それからレーコーになったらしいです。このところは大阪でも年配の人しか言わない死語であるようです。
多種多様な場所で作られているコーヒー豆です。エチオピア辺りからスタートし、南米大陸や中米、ハワイの島々、東南アジアの地方、最近では例外的に日本国内でも栽培されるコーヒーです。紅茶と一緒で世界各国で飲まれているドリンクだと言っても過言ではありません。どこか海外旅行に行ったときには、ほぼ間違いなく空港や町角で喫茶店を目にするはずです。

さまざまな文脈があるコーヒーの歴史と言えますが、日本の国には長崎にある出島にオランダ人が最初に持ち込んだと言われています。開国後は神戸などの港にある居留地を中心にしてコーヒーが広がり、明治期には東京の上野に、日本初のカフェがオープンしたのです。現在コーヒーは日本にくまなく浸透しております。
昔の缶コーヒーといえば、タイプがほとんどなく、シュガーやクリームの入ったミルクコーヒーと呼ばれるものが主流でしたが、近日は製造会社も頭を使って工夫していて缶コーヒーのスタイルも多くなり、ブラックコーヒーやアメリカン、エスプレッソやカフェオレなどといった缶コーヒーもたくさん販売されるようになったと思います。
何でも行き過ぎはダメですコーヒーも飲み過ぎはダメですしかし一方で、ちょうどいい量のコーヒーならば、健康にもいいです。日課として1日に1杯だけ飲み続けると心も体もいい状態になるかもしれません。とりわけ精神的にリラックスできるので、仕事などの休憩時間に摂取するだけでリフレッシュができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*