ダイレクトメールは迷惑な人が多いようです。

全く見ず知らずの企業や通信販売会社等からのダイレクトメールは多いようですが、これについて迷惑だと感じてる人は多いようです。確かに、インターネットの普及や個人情報保護法の施工以来、以前よりは減少して来ているのは事実のようですが、自宅のポストを開けるとまだまだ投函されているというのが現状のようです。興味がなければ開封もせず、そのままゴミとして捨てればいいようなものではあるのですが、自分の住所や氏名が記載してあるのでむやみに投棄するのも憚られるのが正直な気持ちです。宛名のシールを剥がそうとするとこれがなかなか剥がしにくいものもあり、結構いらいらさせられるものもあります。しかし中にはこういったダイレクトメールを見るのが好きな人もいるようです。役には立たなくても一つの知識として吸収するというのが狙いのようです。いずれにしても、関心のない人には無用の郵便物と言ってもいいようですね。

ダイレクトメールの有効活用

SNSやブログなど、今の時代はインターネットを使って様々な交流ができたり、宣伝ができたりします。企業としては有効活用することをお勧めします。特に商品や会社の宣伝に使うことができるからです。その一つに、ダイレクトメールが挙げられます。無料会員登録などをしてくれている会員宛にダイレクトメールを送ることで、自社製品や自社に興味を持っている人だけに有効的な情報を提供できるようになります。メールを受け取りたくないという人に送っても、何の宣伝にもなりません。必要だと感じている人にダイレクトに送ることができるため、商品売上アップなどにも繋がります。有効的な宣伝方法と言えます。ダイレクトメールを送る方法は会員登録だけに限りません。企業によって様々な工夫をしています。メールが届いたことで、お客様にとってもメリットとなることがあり、双方にとって良い方法と言えます。

ダイレクトメールの宣伝効果

今の様にインターネットやパソコンが普及される前、元は企業や各個人の経営する店から来た運営・販売促進等のハガキをダイレクトメール(DM)と呼んでいました。様々なWebサービス、オンラインショップが流通し始めた昨今では、Eメール等を使って企業同士、もしくはハガキと同じ様に個人宛てアドレスにダイレクトメールを送る方法も増えてきました。年代が経ち、機器が開発されるたびに通信手段も増え、SNSの個人宛てチャット等に向けたダイレクトメッセージを送るやり方もなされている様です。しかし、使う人のリサーチや、メール自体の中身の内容を具体的に絞って文章を組めば、送る側の販売促進目的だけではなく、送られた側の有利な情報を得る手段として活用される事も少なくありません。ハガキやメールしかり、デザインだけに凝るのでは無く、こういったお互いがwin-winになるといった使い方も視野に入れてダイレクトメールを作成してみるのは如何でしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*