奥深いコーヒーの世界

刺激の極めて強いカフェインです。少量の摂取でも中枢神経を興奮状態にし、大量に摂取すると中枢神経が麻痺すると言われています。その効果を狙って、眠気覚ましにコーヒーを利用する人はたくさん居り、神経そのものを興奮させ眠気を吹き飛ばすべくコーヒーが愛飲されているのです。ですが個人差もあるため、誰にでも一緒の効能が出るとは言えません。
今の段階で大々的に認められていないコーヒーアレルギーですが、コーヒー飲料を口に入れたり独特の匂いを嗅いだりするだけで何かしらの身体的症状が出てくる人もいるようです。例えば下痢になったり、嘔吐したり、動機などの現象が出たりする身体的反応をコーヒーアレルギーと言います。

減量することにもコーヒーは有効であるといわれます。コーヒーには排泄を促す働きがあって、消化器官の活動を活性化させる働きがあるゆえに、便秘の予防もできます。コーヒー自体にはカロリーがほとんどないため、ダイエットをしたい方ならシュガーやクリープ類は入れないでそのままで飲めばよいでしょう。
最近はコーヒーに対する期待の高まりにしたがってわが国においても家庭でコーヒービーンの栽培をする人が増えつつあります。コーヒー豆は育てて3年ないし4年ほどで花が開きます。うまく育てれば赤くなったコーヒーの実を収穫して特製のコーヒーを堪能することが出来ます。
コーヒーを飲みすぎてしまうと寝つきが悪くなるのはコーヒーに含まれるカフェインによるものです。カフェインは神経系を覚醒させて眠気をさます効果があります。ですので、このような働きを応用して、ドライブ中や作業中に居眠りの恐れがある際にはコーヒーや緑茶といったカフェインを含む飲み物を飲むと眠気が覚めます。

さまざまな効果・効能があると言われるコーヒーですが、その中で最も知られている効果が眠気覚ましです。コーヒーに含まれているカフェインが神経を興奮させ、眠気を奪ってくれると考えられています。とは言え、薬とは違って効能が明確に出るわけではありません。コーヒーを飲んでも眠くなる人は眠くなります。
岩波書店の辞書『広辞苑』にもカフェインの持つ利尿作用について説明があります。強心、利尿、興奮物質といった記述が載っています。実際コーヒーを飲むとすぐに、利尿作用が高くなりますし、同じ感じでカフェインの入っているお茶を飲んでも利尿作用が増します。明確な形で身体には影響があるカフェインです。
お茶といった飲み物に入っているカフェインには、眠気がこなくなったり胃が荒れたり、イライラしたり心拍数が増えたりするといった副作用があります。したがってカフェインの入った飲み物を多く摂ると不整脈などを起こす危険性もありますので、元気な大人でも体調がすぐれないときにはコーヒーは飲まないほうが無難です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*